« 2017年5月 | トップページ | 2018年5月 »

2017年6月

2017年6月15日 (木)

アジサイ情報(その10)

ヤマアジサイはほとんど咲き終わりになってきました。

装飾花の弁が裏返しになります。
典型的なのは「土佐の薄墨」
ご覧のように「薄墨色」になりました。
Dsc_0420

今日から、咲き終わつた花の花柄を摘み取る作業を始めます。
園芸種はまだ見られますが、
ヤマアジサイは見頃を過ぎましたので、これからおいでの方にはごめんなさいです。
ご了解下さい。

このアジサイ情報も今年は終了とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 4日 (日)

アジサイ情報(その9)

今朝(6/04)の撮影です。

「乙姫」すっかり紅化粧しました。
Dsc_0315

「北川小町」
Dsc_0317


「揚羽蝶」
Dsc_0323


「酔湖の絣」
Dsc_0325


「深山八重紫」
Dsc_0328


「黄金葉」
Dsc_0330


「夏祭り」
Dsc_0335


「墨田の花火」
Dsc_0337

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 1日 (木)

アジサイ情報(その8)

今日の「乙姫」

Dsc_0292


あじさい風景
Dsc_0293


Dsc_0294


Dsc_0295


Dsc_0296  


Dsc_0297  


Dsc_0298


Dsc_0299

 
Dsc_0300


Dsc_0301


Dsc_0303


   
「七人の小人」
Dsc_0304  


「白雪姫」
Dsc_0307

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

六月のしをり

麒麟

きりん

******************************************

 天皇陛下の重要な儀式の時の正式なお召し物は束帯で、その袍を「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」といひます。櫨と蘇芳により染められ、黄色がかった赤茶色といった色合ひです。文様は桐竹鳳凰麒麟が長方形のなかに纏められた箱形紋に織られます。この黄櫨染は、天皇以外のものは着用できないものとして「禁色」とされてゐます。
 麒麟は伝説上の霊獣で、「礼記」によれば帝王が仁政を行ふ時に現れるとされ、性格は温和で極めて優しく、足下の虫も植物も踏んで殺生することを避けて、やや浮き上がつて歩くともされます。「聖王」の象徴として、中世以降、天皇の御料に取り入れられてと考へられます。姿は鹿、頭は龍、尾は牛、蹄は馬、毛は五彩で鱗があるといふ姿に描かれます。
 動物園にもゐるキリンは、明の鄭和がアフリカから珍しい動物を持つてきて永楽帝に献上したとき、麒麟と紹介され、永楽帝が喜んだことに始まるやうです。
 皇太子さまの御料は「黄丹袍(おうにのほう)」といひ、梔子と紅花により染めた色で、これも皇太子のみに許されたものとして「禁色」です。文は鴛鴦丸です。立太子の礼において召され、壷切御剣をお受けになられます。

2906

「六月のしをり.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年5月 | トップページ | 2018年5月 »