« 四月のしをり | トップページ | 六月の月次しをり »

2016年5月29日 (日)

五月の月次しをり

青麻宮

あおそぐう
------------------------------
 瀬戸神社境内西側の右末社の横に並んでゐるもう一つの末社が「青麻宮」です。古い棟札では「岩戸三光青麻神社」とも表記され、天保年間の版木の残る由緒書には「青苧明神」とも表記されます。青苧は苧麻とも呼ばれ、現在は小千谷縮・越後上布の原料ともなってゐます。上代には重要な産物であり、神前に幣としても奉られたものでせう。青麻神社として著名なのは仙台市にある青麻神社で、古くは青麻三光権現とも称し、三光すなはち日・月・星を念じて功徳を願ふ信仰があったとされます。日・月・星は天照大神、月読神、天之御中主神の三柱をあらはし、神仏習合の考へでは大日、不動、虚空蔵の三体を念ずるもので、中風に霊験があるとの信仰がありました。天保の由緒書には「この神よく酒を嗜みたまふ故に世俗のよく酒興程を越ゆといへども害せられざること奇妙なりもつて病難を避け長寿のことを祈賜ふ」とお酒に強い神様で健康長寿の御利益が説かれてをりました。愛媛松山の諸山積神社の境内神社にも青麻三光神社があります。この神社には大山祇神と併せて髙神・雷神(右末社祭神)が祀られてをり、青麻宮が右末社と並んでゐるのと共通点も指摘できます。
2805

|

« 四月のしをり | トップページ | 六月の月次しをり »

月次のしをり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月の月次しをり:

« 四月のしをり | トップページ | 六月の月次しをり »