« 瀬戸神社やまあぢさゐ#08 | トップページ | 七月の月次しおり »

2015年6月30日 (火)

六月の月次しをり

春日神社  かすがじんじゃ

---------------------------------------------------

 全国に春日神社は一一三〇社ほどあり、その中心は奈良の春日大社です。
 近くでは、横須賀三春町の春日神社(古くは猿島に鎮座してゐたとのことです。)のほか横浜市内では栄区小菅谷、横浜市南区永田東、港南区日野町に春日神社があります。
 奈良の春日大社は、三笠山を霊域とし、鹿が御神使とされることはみなさんもご存じでせう。ご祭神は武甕槌命・経津主命・天児屋根命・比売神の四柱の神々で、春日造りの御本殿が四棟並んでお祀りされてゐます。天児屋根命は藤原氏(中臣氏)の祖神で、大阪の枚岡神社に祀られてをりました。比売神は后神とされます。武甕槌命・経津主命は鹿島神宮・香取神宮のご祭神で、三笠山の霊域に併せて祀られました。その経緯は明確な文献史料等により語ることのできない古代に遡るものですが、関東と大和に都があったころの繋がりが基盤になってゐるものでせう。中臣鎌足の出生が鹿島であったとする伝承もあります。
 藤原氏一族が進出し、あるいは関係の荘園が成立した地域に春日神社がまつられるやうになり、全国に春日の神が祀られてゐます。横須賀・横浜の春日神社の鎮座地に春日の荘園があったとする明確な記録はありませんが、鹿島・香取と都を結ぶ交通路の途上や、藤原氏に関はる武士・領主などにより祀られるやうになったものと思はれます。

2706

|

« 瀬戸神社やまあぢさゐ#08 | トップページ | 七月の月次しおり »

月次のしをり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六月の月次しをり:

« 瀬戸神社やまあぢさゐ#08 | トップページ | 七月の月次しおり »