« 三月の月次しおり | トップページ | 社叢林の危険木除去作業 »

2013年3月 9日 (土)

「大榧」の治療の経過、完了報告

大榧の治療作業のその後の状況を報告します。

Blog_b01

枯れ枝の除去作業です。
Blog_b02

作業中を上空から監視されてゐる?
Blog_b03

幹の途中の腐食部分の手入れ作業。
Blog_b04
Blog_b05

根本の腐食部分の除去。
Blog_b06

除去した腐食部分が足下いっぱいに・・・。
Blog_b07

除去がすすんでいくと、こんな大きな空洞ができました。
大人3~4人は入れます。
Blog_b08
Blog_b09

根本周りのエアレーション。地面に穴をあけます。
Blog_b10

穴に圧搾空気を送り、柔らかくして、土壌改良材を入れます。
Blog_b11
Blog_b110
Blog_b12

根本の腐食部分の治療。
空洞部分に網を張り・・・・。
Blog_b13

補修剤を塗り込みます。
Blog_b14

これが補修剤です。
Blog_b15 Blog_b16

人が入れる大穴もふさがりました。
Blog_b17
Blog_b18

|
|

« 三月の月次しおり | トップページ | 社叢林の危険木除去作業 »

報道資料」カテゴリの記事

コメント

映像を見て、歴史を残すことは大変な費用が掛ることが理解できます。
六浦の氏神として、歴史・格式ある瀬戸神社をいつまでも残してください。

投稿: 岩室禎和 | 2013年5月20日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220719/56918845

この記事へのトラックバック一覧です: 「大榧」の治療の経過、完了報告:

« 三月の月次しおり | トップページ | 社叢林の危険木除去作業 »