« 無垢潮祓い(あまも神事)の新聞報道 | トップページ | 九月の月次のしおり »

2011年7月30日 (土)

八月月次のしおり

八月の「月次栞」です。

以下でPDFダウンロードできます。
「2308.pdf」をダウンロード
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 祝詞のなかでしばしば使はれる言葉のひとつに「子孫八十続五十橿八桑枝」(うみのこのやそつづきいかしやくはへ)といふものがあります。大きな樹木にひこばえが無数に成長するやうに子孫繁栄の姿を表現した言葉とされます。八月は「お盆」(旧盆・月遅れの盆)の季節で、先祖祭り(みたま祭り)の季節でもあります。正月の年神まつりとならんで、大切な家庭祭祀の行事であります。祖先のみたまは、この世とは別世界のあの世にいってしまったのではなく、私たち子孫を見守り、祭りを受けていただけるところにをられます。その私たちもゆくゆくは祖先となり、子孫を見つめる立場になるのですから、祖先と子孫とは大きな命の輪でつながってゐるといふこともできます。先祖(親や先人)を大切にすることと子孫(未来)を大切にすることは一体であり、その基本は現在の私たちが祖先にも子孫にも恥ぢることのない正しい暮らしを心掛けてゆくことにあります。

==========================================
月参りのみなさまへ。
毎月一日午前8時30分より月次祭を執行してをります。
祭事につづき、宮司講話があります。
どなたでも参加できますので、ご参列ください。
ご参列の方には、「月次御幣」を授与してをります。
毎月、御幣の色がかわります。
1年12ヶ月分を、翌年の正月にお納めください。

|

« 無垢潮祓い(あまも神事)の新聞報道 | トップページ | 九月の月次のしおり »

月次のしをり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八月月次のしおり:

« 無垢潮祓い(あまも神事)の新聞報道 | トップページ | 九月の月次のしおり »